埼玉中小企業家同友会川口地区会

    トップページ 同友会とは 川口の会員 活動予定 活動報告 お問い合わせ
活動報告

2015.10.26  第6回 会員訪問-1

10月26日(月)第6回 会員訪問-1が行われました。
川口地区会では重鎮で信頼も厚く有名な「潟^イホー」山口勝治 会長をお訪ねできました。
http://www.taihogroup.co.jp/

サラリーマン時代に印刷機用の潤滑油の開発に成功し、シェアを独占した事や、暖簾分け時のお話や、 その後の10年少々は、経営が解らずに過ごされていたことを伺い、今の山口様からは想像できない内容に一同驚きました。そして昭和47年、現在の会社を創立。試行錯誤の末にみえてきたのは、本質的な社長業の姿、中核的な価値観(理念・計画・規範)を機軸とした経営が大切とのことでした。
同友会には、取引のあった会社の社長様からの勧めで入会され、現在31年目とのことです。
経営理念の冒頭にある「小さな大企業」の主張は、「最良の中小企業」の追求であるとして、「規模の信仰を捨て、誇り高く、したたかに、人間らしい経営」を行うこととお話下さいました。
工場内も案内していただき、従業員の手塚様が丁寧に教えて下さいました。三価クロムの黒色メッキは世界初とのことに驚き、また、メッキの分析が出来る企業は国内で5社程度しかなく、数百社を管理されている等、素晴らしい内容に圧巻でした。

現在、地区会では、「ランチ経営塾」の塾長として活動されており、ドラッカーマネジメントを基とした経営についてご講義下さっています。そこに参加した会員の直面している課題解決の糸口、ヒントがつかめること。食事(ランチ)しながらの和やかな雰囲気の中で、成果と交流のある場として参加者から大好評です。

#

山口勝治会長。ご自身が描かれた作品と共に

#

「経営理念」

#

「経営計画書」を社員と共有していると話される山口氏

#

業務内容の丁寧な説明を下さった手塚氏

#

世界初となる黒色の三価クロムメッキの製品等

#

山口様、貴重なお話。有難うございました。



2015.10.26  第6回 会員訪問-2

10月26日(月)第6回 会員訪問-2が行われました。
昨年11月、入会されました「ファースト・シンセリティー梶v代表取締役 関口佳子様(社会保険労務士・行政書士)をお訪ねしました。

平成3年まで病院の労災認定員として勤められ、宅地建物取引主任者を取得されたのをキッカケに行政書士になろうと思われたそうです。平成7年に行政書士に合格。翌8年、社会保険労務士に合格。平成11年に開業されました。平成25年まで社労士会の川口支部の副支部長として活動されていました。
今は、“縁のある方に幸せになっていただきたい”との想いから溢れるお人柄とフットワークの良さで、お客様からの口コミで大変お忙しいとのこと。そして、自宅兼事務所としていた仕事場を近日(11月下旬)移転され、益々のご発展が見込まれます。
同友会は、直な意見を聴ける、言い合いが出来ることが良いと入会されました。ただ現在、建設関係のクライアントが増え、夜の打合せが多くなり、なかなか同友会の活動に参加できていないと話されました。
しかし、好奇心旺盛さを活かし、また多くの経営者と接する事で経験を積みたいと、今後は時間をつくって参加すると仰ってました。
最後に、“仕事でも何でも「失敗はない!」。何故ならそれによって必ず次につながるから・・・。”と話されていたのが印象に残りました。

#

質問に答えられる関口氏

#

事務所風景。
左から、米山地区会長、事務所職員様、関口佳子氏、関口和弘氏(旦那様でもあり仕事のパートナー)、中根プロジェクトリーダー。 撮影:太田ネットワーク委員長



2015.10.20  10月度 訪問例会

“人が生きる経営”と題して10月20日(火) 訪問例会が開かれました。

「社会福祉法人ごきげんらいぶ」に訪問させていただき、なぜ障害者の総合施設をつくろうと思ったのか?働き易さを目指した環境づくりとは・・・?と題して、井出信男所長より報告いただきました。
まず、名前の由来の“らいぶ”は、英語のライブ、ドイツ語でリーベ。「愛しみ合って生きたい」を意味するものであると伺いました。また、当時障害のある方の虐待のニュースが多かったのを嫌って「仲間」と呼ぶことにしたと話されました。
1996年(平成8年)から「障害のある方が元気に生き、働き、暮らしを保障する」ことを運動理念に掲げ総合施設をつくる会を結成し歩み始められ、施設の運営指針として、

   1)仲間(利用者)を中心に据えた実践をすすめる。
   2)仲間(利用者)の声なき声に耳を傾ける。

を作られました。この2つの理念は、今も古い言葉にはなっておらず、この2つの理念の実践によって、強くなりがちな親族の意見や、スタッフからの発言からもブレずに保ち活動ができたと話されました。
2006年(平成16年)新聞報道で「人件費が高騰した今、日本人の味噌に使う大豆は中国産のものばかり」との報道を見て、「障害のある人の賃金は低く、逆に国産大豆を使った味噌の製造を行い、日本人の食文化を障害のある人が守る」と考え、寒仕込み味噌作りを始められました。
現在、川口の特産品「川口御成道みそ」と銘をうち、今期の会員訪問時の手土産としてたいへん重宝しております。
更に、生活介護を利用している仲間間の障害基礎年金(1級と2級)の格差を作業工賃で出来る限り縮める為の取り組みや、仲間(利用者)の作った製品(味噌やい草コースター、各種アクセサリーなど)販路拡大を図り、仲間(利用者)の作業工賃アップにつなげる。グループホームを早期に実現し、工賃アップと障害基礎年金で親の援助なく自立した生活を確保する事を今後の取り組みとして掲げられていました。

障害者雇用をすすめる為の提案として、
1.障害者雇用をすすめるにあたって重要な事は、自社の作業内容を改めて分析する事が大切なのでは・・・。
(無理な雇用をすすめようとしても社員の方の同意はなかなか得られません。また、「障害者雇用」というフィルターを通して自社を見つめなおす良い機会になると考えてみる。)

2.障害のある方(知的障害、視聴覚障害、身体障害、精神障害、難病疾患者など)にはそれぞれの障害特性があります。その障害特性を知る為には、特別支援学校の教諭や各関係機関の方々と自由な意見交換をすること。

3.そして、就労候補者がいらっしゃいましたら1回とはいわず納得が出来るまで実習を繰り返してみる。

4.最後に、障害者を雇用するのは社長さんですが、障害者の方と一緒に働くのは社員の方です。このため、社員向けの研修や勉強会を開くなどして課題を共有する事が重要であること。

そして、それぞれを生かす部署へ就かせること。

同友会の皆様のご検討をお願いします。と結ばれました。
報告を伺い、参加者は、障害者雇用への仕組みの不十分さや、情報交換・意識の変化、会社との接点がない等の討論となり、大いに考える力をいただきました。

井出さん、貴重なお話どうも有難うございました。

#

「社会福祉法人ごきげんらいぶ」外観風景

#

米山地区会長 挨拶

#

司会は、高倉さん

#

報告者 井出信男氏

#

スライドによる報告

#

質疑応答される井出氏

#

グループ討論風景-1

#

グループ討論風景-2

#

グループ討論風景-3

#

発表風景:清水さん

#

発表風景:池田さん

#

発表風景:小川さん(埼玉県よろず支援拠点)

#

発表風景:和田さん

#

まとめ:中根さん

#

ゲストPR 中小企業庁「埼玉県よろず支援拠点」 小川良佳氏

#

ゲストPR「川口特別支援学校」進路指導部 米山由美子氏

#

全研PR「川越地区会」

#

お弁当(潟gウエイ製)とごきげんらいぶのスタッフさんが「川口御成道みそ」を使って作って下さった味噌汁(超美味)

#

お味噌汁のおかわりに並ぶ

#

交流会風景



2015.10.6  第4回ネットワーク委員会

10月6日(火)17:30〜 2015年度 第4回ネットワーク委員会が開かれました。
太田茂吉委員長の進行で、担当する10月訪問例会の企画最終確認と12月例会(望年会)を企画提案検討しました。「いつでもどこでも学べる地区会活動」「学び」と「交流」で会員拡大を進めます。との方針を軸に、半期が終わりました。「つながり」をキーワードに活動に取り組み、会員訪問によるお互いの現状と理解や、行事の参加を勧められたり等と、徐々にですが実績の実感が湧いてきております。

第4回 ネットワーク委員会は、11月10日(火)幹事会前の17時30分から「割烹赤坂」で行います。
多くの会員の皆さんの参加をお待ちしています。ともに学び、実践しましょう!

#

第4回委員会 風景



2015.10.6  第5回幹事会

10月6日(火)18:30〜 2015年度 第5回 幹事会が川口・並木公民館にて開催されました。
10月は、スポーツの秋、芸術の秋と連想しますが、多くの企業では半期が終わり、後半を見据えた検討をされている頃でしょうか・・・?
本日は、出席率52%にて行われました。
次回、年末の企画提案「望年会」を考え、事前確認を兼ねて「割烹赤坂」にて行います。

幹事会の主な議題は次の通りです。

(1)10月訪問例会企画
・日時 10月20日(火)18:15〜21:00
・会場 社会福祉法人ごきげんらいぶ(川口市大字西新井宿北田1159番1)
・報告者 井出信男氏(ごきげんらいぶ理事長)
・テーマ 「人が生きる経営」。働き易い会社(環境)とは?

(1)12月例会企画(望年会)
☆会員交流と親睦
・日時 12月15日(火)18:30〜21:00
・会場 活魚割烹 赤坂 南浦和店(埼玉県さいたま市南区浦和2-27-9)
・報告者 赤坂美絵氏(予定)
・テーマ 事業継承、今後の経営について(予定)

#

第5回幹事会 風景

#

第5回幹事会 風景



PAGE TOP