埼玉中小企業家同友会川口地区会

    トップページ 同友会とは 川口の会員 活動予定 活動報告 お問い合わせ
活動報告

2012.08.07 8月幹事会

8月幹事会

幹事会にも会員さんの熱心に取り組む姿勢がみえます。 ますます活気づく川口地区会

8月幹事会 8月幹事会

埼葛地区会よりキャラバン隊のみなさん

9月17日 埼葛地区会25周年記念講演会のお知らせ
「現場のど真ん中から経営を考える」
Book・OFF(ブックオフ)会長 橋本真由美さんの講演です。 いっしょに参加しましょう!

8月幹事会

設営地区会 中部地区会よりお知らせ
10月13日 みんなで参加しましょう!

2012.08.07 川口市振興条例について 行政との意見交換会

川口市振興条例について 行政との意見交換会

並木公民館で17:00から川口市中小企業振興条例の学習と意見交換会が 開催されました。

川口市振興条例について 行政との意見交換会

市で取り組む振興条例とはどういうものなのか?
産業政策担当の方からお話を聴きました。
地区会からは具体的にどんなことが可能なのか?
どこまで本気モードで取り組むのか?姿勢についても活発な意見が交換されました。

川口市振興条例について 行政との意見交換会

よりよい経営環境づくり、地域貢献、それが新たな仕事づくりにも
つながるビジョンが共有できたと感じました!
川口から発信しますよ!みててね。

2012.07.17 川口地区会7月例会

7月例会が開催されました!

川口地区会7月例会 川口地区会7月例会

ゲスト5名・中同協からも1名参加

川口地区会7月例会 川口地区会7月例会

稲垣氏の報告は、
・1989年30歳の脱サラした経営者
・2007年同友会入会してからの経営者
人との出会いから学び・気づきを得て生まれ変わったような想いをこの例会だからこそ報告します。

川口地区会7月例会 川口地区会7月例会

川口地区会の7月の例会は、「同友会と出会って確立した自らの経営スタイル」というテーマで、 株式会社PCI代表取締役の稲垣雅裕さんにご報告いただきました。

30歳で脱サラし、ファミコンショップ経営を始めましたが、
当初順風満帆だった経営も市場の急激な収縮にあい赤字に転落。

その後携帯電話の販売事業を始めてから同友会に出会い、
自らの経営スタイルを確立できたと話す稲垣さん。

自分のこれまでの経営を振り返り、当初は儲けるためだけの ワンマン経営でしたが、株式会社タイホーの山口勝治会長をはじめとする 同友会の先輩・仲間の薫陶を受け、社員と共に成長したことで 使命・理念の経営をすることが出来るようになったと熱く語りました。

今の自慢は社員から「社長、それはうちの会社の理念に合わないのでは
ないですか?」と言って貰えることだとか。

その親しみやすい雰囲気や真摯な言動からは想像も出来ないような 波乱万丈な経営の話でした。

今回の例会はオブザーバー参加者も多く、稲垣さんの報告に会場は熱気に包まれ、
グループ討論も時間を延長してしまうほど盛況でした。

(川口地区会・坂本武蔵)

2012.07.06 中小企業憲章推進月間学習会

新都心ビジネス交流プラザで行われました。
川口地区会からは柴田会長、稲垣幹事長、新井氏、坂本氏、太田氏が参加

テーマ「墨田区中小企業振興基本条例の精神と産業振興の実態から学ぶ」

報告 
1. 鹿島田 和宏氏 墨田区観光部産業経済課 課長
  テーマ「墨田区中小企業振興基本条例の基本理念と中小企業政策」
   *昭和54年理念だけの条例を産業振興会議へ
    さらに会議メンバーを若者に変えていくこと
   *「脱下請け体質」
   *5日新聞記者発表のアウトオブキッザニアinすみだ
    http://www.kidzania.jp/corporate/common/pdf/120705_okz_sumida.pdf

2. 片岡 恭一氏 兜ミ岡屏風店 代表取締役
   http://www.byoubu.co.jp/

                東京中小企業家同友会墨田支部長
   You Tubeで
   http://www.youtube.com/watch?v=BKrolOi7-Lg&feature=results_main&playnext=1&list=PL2D9B92BFE4FBF56D

 *行政は、行政としてこの街をどうしたらよいのかという役割を
  経営者は、この会社をどうのようにしたいのか。経営者の役割は。
 *みんなで考え、みんなで実践していく

中小企業憲章推進月間学習会 中小企業憲章推進月間学習会

まとめを新井会長が行いました。

中小企業憲章推進月間学習会 中小企業憲章推進月間学習会 中小企業憲章推進月間学習会


2012.06.27 例会づくり委員会

例会づくり委員会 例会づくり委員会 例会づくり委員会

今年度の例会実行に向けて例会づくり委員会が活発に動きはじめました。
熱意ある意見が飛び交い活気あふれる委員会となりました!

2012.06.26 かわぐち麦MISO倶楽部 発足

かわぐち麦MISO倶楽部 発足

同友会3つの目的のうち「良い社会環境づくり」の一環として 地域の発展と活性化に貢献しようと
発足されました。仲間づくり委員会が中心となっておこないます。

私たちの企業があるこの地域、この街をどのようにしたら日本全国に広めることができるでしょうか?どんな取り組みをしていったら住み良い暮らしやすい地域になるでしょうか?
人が集まるから産業も発展します。人が集まるからお金が流れます。
人が集まるから保育園、学校や病院など公共施設も増えます。

すべては人が集まる地域、街にするための試みです! 応援ください!  

2012.06.19 川口地区会6月例会

川口地区会6月例会

6月19日(火)並木公民館
ともに学び、同友会で大いに交流しましょう!

川口地区会6月例会

コーディネーター:柴田玲氏(東都ラバーインダストリー)パネラー:新井俊雄氏(アライ)
太田茂吉氏(太田不動産)竹村英昭氏(中央竹村物流)

川口地区会6月例会

坂本武蔵氏(坂本武蔵司法書士事務所)

新会員、先輩会員各2名をパネラーに、同友会の魅力、同友会をどう活用するか(したいか)を話し合いました。

新会員の竹村さんは、東大阪の仕事先の経営者らが多数同友会員であることを知り、精力的に経営する会員経営者の姿に刺激を受け、自ら埼玉同友会に申し込んだことを紹介。「人と人とのつながりの大切さを実感しています」と報告しました。

同じく坂本さんは、独立を機に地域に関わりたいと地元商店会に参加し、そこで会員でもある商店会長から「学ぶなら同友会だ」と勧められ入会。「真摯に経営を学ぶ皆さんの姿勢に触れ、入って良かったです」と報告しました。

また、先輩会員からは、同友会と自社の関わり方が経験を踏まえ報告されました。太田さんは「会員経営者それぞれの考え方を学ぶことができ、それを参考に自社に活用させてもらっている」、また新井さんは「経営に困っていた時に入会したが、経営理念、経営指針を学び自社に確立できたことで経営に軸ができた」と話してくれました。

川口地区会6月例会 川口地区会6月例会 川口地区会6月例会

パネラーの報告を受けて行われたグループ討論では、「そもそも同友会って何か?」から始まり「同友会をどう活用するか」が話し合われ、「単に『学ぶ』のなら大学などに行けばよいが、実践している経営者から直接生きた『経営』を学べるのが同友会の最大の特徴」「学ぶ姿勢はあくまで主体的であるのが同友会」「先輩会員の実践をどんどん真似るべき。それだけすごい実践者が同友会にはいる」など、同友会の魅力を再確認しました。

(米山正樹 記)

PAGE TOP